初回相談無料

電話アイコン

078-381-7841

メールアイコン

mail@office23.info

創業融資・助成金・補助金

起業時に頭を悩ませる資金調達ですが、起業家を金銭的に支援する「創業融資」や「助成金・補助金」などの制度があります。
あなたに合った方法をご提案いたします。

創業融資その1

創業融資

創業融資とは

ほとんどの金融機関は、まだ開業していないお店や会社には融資をしてくれません。そんな起業時の現実的な資金調達方法が「創業融資」です。

メリット

・創業したばかりでも金融機関から融資してもらえる貴重な制度
・低金利・返済期間が長い
・担保や保証人は原則不要
創業融資を使った場合のデメリットは特に見当たらず、非常に使いやすい内容になっています。

創業融資の種類

主に利用されているのは、以下の2つの融資です。

日本制作金融公庫の「新創業融資制度」

低利(ex.1%台)、固定金利、長期の融資制度です。
「制度融資」とは異なり、融資条件は全国一律なので、安心して利用できるといえます。

自治体・信用保証協会・民間銀行の「制度融資」

原則として各金融機関の窓口で申し込み、信用保証協会に加入することで、融資を受けられます。
原則、登記上の本店所在地の自治体の制度融資を受けることができ、その自治体ごとに融資の条件や内容が異なるのが特徴です。

創業融資その2

助成金・補助金

助成金・補助金とは

国または自治体、民間団体等の給付している資金です。多くの場合、返済の必要がありません。
種類が豊富で制度や内容が変わりやすいので、その時々で利用できるものが変わってきます。

メリット

返済の必要がない。

デメリット

  • 後払いである(事業遂行後に補助金・助成金が補填される形式であるため、事業には別の資金が必要)
  • 受給要件や審査(補助金)がある
創業融資その3

料金

業務名 手数料
創業融資支援
(書類作成等)
着手金30,000円(税別) + 融資実行額の3%
各助成金・補助金申請
(厚生労働省管轄を除く)
着手金30,000円(税別)+成功報酬10%~

※助成金・補助金の制度・内容等によって、成功報酬率は異なります。

初回相談無料!

ひとりで悩まずに、お気軽にご相談下さい。

受付時間 9:00-19:00

電話アイコン078-381-7841

Email、お問い合わせフォームは24時間受付中

メールアイコンinfo@office23.info