会社設立代行アシストオフィス(神戸・大阪)

合同会社のメリット・デメリット

合同会社は株式会社に比べると知名度は劣りますが、ここ数年で急増しています。


個人事業から法人成りする場合や、飲食店や商品販売などのビジネスを行う場合、
合同会社の方が適している場合が多くあります。

以下のメリット・デメリットを考慮して、お客様が行うビジネスが合同会社に
適しているのかをご検討いただければと思います。


~合同会社の主なメリット~

・設立費用が安い

・ランニングコストが安い

・利益分配・経営の自由度が高い

・資金調達の幅が広い

・株式会社と税制が同じため節税ができる


合同会社は経営の自由度が高く、社員間で何でも決定できるため、
スピード感のある経営ができると言えます。


~合同会社の主なデメリット~

・国内での知名度が低い

・人的問題(社員間で意見対立が起きてしまうと運営に苦労する)


社員間で何でも決定できる分、社員同士で意見対立が起きてしまうと
収拾がつかなくなってしまう可能性があります。

また、一般消費者相手のBtoCビジネスの場合、
知名度の低さはあまり影響しないと考えられるので、
企業向けビジネスでなければ、合同会社は適していると言えます。

その他ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


コンタクト
designed by アシスト
Copyright(c) Sho Sakamoto.All Rights Reserved.