会社設立代行アシストオフィス(神戸・大阪)

株式会社設立のメリット

①取引先や仕入先から信頼を得やすい

融資や資金調達の面では、個人より法人の方が広く可能性が開かれており、 実際に取引先や仕入先とやり取りをすると、法人と個人の違いを痛感する方が 多いようです。

②節税面でのメリット

年間所得が継続的に600万円を超える水準になってくれば、法人化した方が 税金面で有利になってきます。

株式会社にすることで、経費として認められる幅が広くなりますし、 家族へ給与を支払うことも可能になります。

③採用の幅が広がる

働く人にとっては、個人事業よりも株式会社の方が安心感を与えることから、
採用もしやすくなります。

④決算月を自由に決められる

個人事業の場合、1月〜12月が事業年度と決められていますが、法人の場合、
決算月を自由に決めることができます。

売上が極端に多い月があるような事業の場合は、その月を事業年度の最初に
くるように決算月を決めることで、計画的に経営できるようになったり、
節税対策をより実施しやすくする効果があります。


⑤相続税がかからない

個人事業の場合、経営者が死亡すると全ての財産が相続の対象になりますが、
法人の場合、会社の所有財産には相続税がかかりません。


⑥経営のリスクが少なくなる

個人事業の場合、税金の滞納や仕入れ先への未払い等、自腹を切ってでも
返済しなければなりませんが、株式会社の場合は出資範囲内の有限責任となるので、
出資した範囲内でのみ返済義務を負うことになります。


以上のようなメリットがある分、事務負担の増加や社会保険への加入義務等、
一定の負担が増えるのも事実です。

設立を迷われている方は、一度ご相談ください。

許認可の確認

お客様が行おうとする事業の種類によっては、許認可が必要な場合もあります。

たとえば、人材派遣会社を設立する場合、労働局に一般労働者派遣事業許可等の
申請をしなければなりませんし、介護事業を始める場合は、都道府県知事から
介護事業指定を受けなければなりません。

これらの許認可を取得せずに事業を始めた場合、
罰則等が科せられる場合もありますので、ご注意ください。


弊所では、各種許認可の取得もお手伝いさせていただきます。

どんな許可が必要なのか分からないという方も、まずはお気軽にご相談ください。


コンタクト
designed by アシスト
Copyright(c) Sho Sakamoto.All Rights Reserved.